DICTIONARY
用語集
DICTIONARY

用語集

大内転筋

大内転筋は内転筋群の中で一番大きい筋肉と言われています。小内転筋、短内転筋、長内転筋、薄筋、恥骨筋、大内転筋と五つを総称して内転群と言います。大内転筋は恥骨枝 坐骨枝、坐骨結節から始まり、大腿骨粗線と大腿骨内側上顆と二つに分かれて付着しています。股関節には二つの神経支配があります。閉鎖神経と坐骨神経があり、閉鎖神経は股関節の内転する筋肉に作用して坐骨神経は股関節を後ろに蹴るという股関節伸展筋に作用しています。