DICTIONARY
用語集
DICTIONARY

用語集

トレンデレンブルク徴候

歩く時のバランスをとる時の代償動作。筋肉のバランスや股関節の可動域制限によって歩き方が決まります。

トレンデレンブルク徴候の歩き方は、股関節を閉じて歩く股関節内転型動作と言います。

例えば・・・足を地面に付くと反対側の股関節を閉じて骨盤を下に向けて歩く歩き方で、モデルさんの歩き方に似ているのでモンローウオークとも言います。

 

トレンデレンブルク徴候になる原因は中殿筋ではなく多裂筋、腹横筋の筋力低下です。

 

全身のバランスは骨盤の真ん中にある仙骨を重心において、股関節を支点に真っすぐ保っています。

その役割を担うのが骨盤の安定を図る中殿筋でどうしても内側に体重がかかるので落ちない様に支えている役割を担ってつり合っている状態です。

しかし、中殿筋が弱くなると重心の方が強くなり反対側の骨盤が下に傾いてしまいますが、中殿筋が頑張っても力不足になってしまうので

同じ作用をする筋肉である多裂筋と腹横筋が中殿筋の働きをサポートをして

これらの筋肉が一緒に働く事でバランスが取れて真っすぐ立つ事ができ、正常な歩き方になります。

 

しかし、多裂筋や腹横筋が筋力不足で機能していない為、中殿筋だけでバランスを保つことが出来なくなり身体の重心の方が強くなります。

反対側に重心が寄ってしまう事で反対側の股関節を使って歩くようになるので股関節を内側に閉じて骨盤を下に寄りながら歩くトレンデレンブルク徴候になります。

この場合、片足立ちになる時骨盤の安定に働く中殿筋は弱いながらも機能しない腹横筋に引っ張られながらも機能しているので過緊張を起こしてガチガチに硬くなっています。

片足立ちになってバランスを取ると反対側に身体が寄ってしまうのがトレンデレンブルク徴候です。