DICTIONARY
用語集
DICTIONARY

用語集

デュシャンヌ徴候

歩行時のバランスをとる為の代償動作で、筋肉のバランスや股関節の可動域によっての歩き方が変わる徴候。デュシャンヌの徴候は股関節を開いて歩く股関節外転動作とも言います。

 

人間は身体のど真ん中である仙骨を重心にして中殿筋(片足立ちの時骨盤を安定にする作用)がしっかり機能してつり合っていれば骨盤は真っすぐ保てるが、

腸腰筋が弱くなると代わりに大腿筋膜張筋(股関節の外側に付いている筋肉)が働く事で、身体のど真ん中の重心より強くなり大腿筋膜張筋を使って歩くようになります。

 

つま先を内側に向けて片足立ちをすると体は外側に傾く徴候が身体の重心が外側に傾いているという事です。

 

腸腰筋の働きとは、股関節を曲げる、外旋、外転の働きがあり、腰を前側から頑丈に支える事ができるので足を持ち上げるだけでなく、踵で地面を踏んだ時に力が入るという作用があり、歩く時、足を地面について頑張って股関節を後ろに伸ばすことが出来ます。

 

しかし、腸腰筋が弱くなると腰を支える力がないと歩く時困るので、足を着く時、腸腰筋の代わりの筋肉を補わないといけない。その筋肉が股関節の外側の筋肉である大腿筋膜張筋

大腿筋膜張筋の作用は股関節を外側に開きながら曲げる股関節の内旋、外転。大腿直筋は股関節の屈曲です。

(腸腰筋が弱くなった為に肩代わりできるのは股関節の屈曲大腿筋膜張筋が頑張り続ける事で、股関節の内旋、外転は過剰に働いてしまいます)

腸腰筋が弱い分、大腿直筋と一緒に股関節を外側に開きながら曲げる働きを補おうするので股関節が開いてしまいながらも大腿筋膜張筋が頑張り続けてしまう為、股関節は外転した姿勢で股関節の外側である大腿筋膜張筋を使って歩く歩き方になってしまいます。

そしてさらに本来の身体の重心が身体のど真ん中部分である仙骨。しかし、中殿筋と大腿筋膜張筋が強くなる為、重心が身体の外側に寄ってしまい大腿筋膜張筋を使って股関節を開いて歩くようになります。

 

この歩き方をする特徴の人は股関節を内股で歩く人、割り座で座る人に多いです。